忍者ブログ

芸能エンタメ☆マル秘情報

芸能裏ネタ満載!ジャニーズ情報、熱愛、スクープなど、気になるニュースをいち早くお届け!

本田真凜、米メディアも驚愕の人気ぶり!テレビ局6社が取材も「真央2世」の呼び声にネットでは論争勃発

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(16歳・関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝を飾った。

04-19.jpg

圧巻のシニアVデビューを飾った16歳に日本メディアが殺到し、米メディアは人気ぶりを浅田真央さんになぞらえて評している。

「真央2世」に注目「日本の歴史で最も華々しいマオ・アサダの正真正銘の後継者」

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝を飾った。圧巻のシニアVデビューを飾った16歳に日本メディアが殺到し、米メディアは人気ぶりを浅田真央さんになぞらえて評している。

 日本の天才少女が明るく、美しく、そして華麗にリンクを舞った。本田は「トゥーランドット」の優雅なメロディーに合わせ、冒頭の3回転ルッツを成功。その後も大きなミスなく演じ切った。空気が薄い標高1300メートルで体力で酸欠になりかけ、演技後はぐったりと倒れ込んだが、優勝で見事にシニアデビューを飾った。

 熱演による優勝を受け、米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は次世代を担う日本の16歳の足跡を伝えている。

「彼女がまだ11歳の時だ。マリン・ホンダは日本メディアによって、日本の歴史で最も華々しいフィギュアスケーターであるマオ・アサダの正真正銘の後継者として任命された」

 このように記し、ノービス時代に頭角を現した当初、日本メディアから「真央2世」と期待されてきたことを紹介。しかし、それとともに“真凜フィーバー”が巻き起こったことも記述している。

「ホンダに対して大々的な取り上げもまた急激な加速を見せることになった。それは、ここ数十年において、日本がフィギュアスケートに対し、爆発的な人気が発展してきたこともある」



これについて、ネットでは…

♥細かいとこがやっぱ、まだ行き届いてない感じがするんだよね。でも16歳、これから楽しみ!

♥実力で注目されてる訳じゃない気がする

♥もっと点数だしてる他の選手のこと取材してあげてよ。

♥スケート協会の客寄せに利用されそう

♥ゴリ押し大好きオスカーは、フィギュア選手までゴリ押しするのか、、という風にしかもう感じない。

♥オスカーなんだ そりゃゴリ押しされるわ

♥こんなお姉ちゃん自慢でしょ。下の子たちは芸能活動中心でやっていくのかな。意外と3人ともタイプが違うね。

♥とりあえず本田家がめちゃお金持ちなのは、分かった

♥オリンピックに誰が選ばれてもおかしく無いのに、本田さんが選ばれなかったら騒動が起こりそうなくらいの、選ばれて当然というような報道のされ方に疑問を感じる。マスコミがスケートファンを争わせる原因を作ってて呆れる

♥オリンピックの選考すごい押されそうだよね ソチの選考の高橋大輔みたいに

♥ノーミスで200点無かったら 難易度低いってことじゃん。今の時点でこれではオリンピックは無理だね~

♥さすがに真央2世は無理だわ~

♥真央ちゃんはもっとこの時期すらっとしてたよー

♥トリプルアクセルをどの試合でも飛ぶ人でないと真央ちゃん二世とは呼ばれないんじゃない?

194964.jpg



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
テレビ局関係者が、「二度と仕事したくない」勘違い女優3名を大暴露!!

田中みな実“脱ぎ損!? ”セクシーショット決意の真相

錦織圭、観月あこにブラックカード!完全に財布化し心配される寄生彼女の存在

キムタク・工藤静香夫妻にオワコン危機!レギュラーなし!CDたった2950枚!ヤバ過ぎる!!

『過保護のカホコ』竹内涼真に胸キュン視聴者も、「さすがに無理」とツッコんだ“超展開”

男性必見!これが性欲が強い女の特徴だ!12選


50kasegu.png
PR

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 芸能エンタメ☆マル秘情報 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]